読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

VirtualBoxのLinuxにHDDを追加する

ゼウス・ラーニングパワーの鯨井貴博先生の講義のメモです。

目次

  1. 環境
  2. HDDを追加する
  3. パーティションを切る
  4. ファイルシステムを作る
  5. マウントする


環境


HDDを追加する

VirtualBoxでの作業です。

f:id:sutara_lumpur:20131119150214p:plain

f:id:sutara_lumpur:20131119150223p:plain

f:id:sutara_lumpur:20131119150229p:plain

HDDが追加されたことを確認する

dmesg | grep sdb


パーティションを切る

方針

  • 基本パーティション 1GB (/dev/sdb1)
  • 基本パーティション 1GB (/dev/sdb2)
  • 基本パーティション 1GB (/dev/sdb3)
  • 拡張 残り全て (/dev/sdb4)
    • 論理 1GB (/dev/sdb5)
    • 論理 1GB (/dev/sdb6)
    • 論理 1GB (/dev/sdb7)
    • 論理 1GB (/dev/sdb8)

現在のパーティションの状況を確認する

fdisk -l
# まだ/dev/sdb にはパーティションが存在しないはず

パーティション操作画面へ移る

fdisk /dev/sdb

基本パーティション作成

下記を、パーティション番号を増やしながら3回繰り返す。

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ : # Enter押下
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} : +1G

その後、pで確認する。

拡張パーティション作成

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
e
最初 シリンダ : # Enter押下
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} : # Enter押下

論理パーティション作成

コマンド (m でヘルプ): n
最初 シリンダ : # Enter押下
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} : +1G

書き込む

w

確認する

fdisk -l


ファイルシステムを作る

mkfs -t ext3 /dev/sdb1

基本パーティション3つ分繰り返す。

確認する

まず、パッケージをインストールする。

yum install parted
parted -l
番号  開始    終了    サイズ  タイプ    ファイルシステム  フラグ
 1    32.3kB  1086MB  1086MB  primary   ext3
 2    1086MB  2171MB  1086MB  primary   ext3
 3    2171MB  3257MB  1086MB  primary   ext3
 4    3257MB  8587MB  5330MB  extended
 5    3257MB  4343MB  1086MB  logical
 6    4343MB  5429MB  1086MB  logical
 7    5429MB  6514MB  1086MB  logical
 8    6514MB  7600MB  1086MB  logical
ls -l /dev/sdb1
brw-rw----. 1 root disk 8, 17 11月 19 15:10 2013 /dev/sdb1

パーミッションの先頭が"b(ブロックデバイス)"のため、ファイルを保存できない。


マウントする

マウントポイント作成

mkdir /mnt/sdb1

マウントする

mount -t ext3 /dev/sdb1 /mnt/sdb1

確認する

mount