読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

Windows 7, Vista: HDDを丸ごとバックアップした

バックアップ

今年の秋にはWindows10が発売されるそうです。
アップグレード時の万一の事故に備えて、HDDを丸ごとバックアップしておく方法を模索しました。
…今更かよって話ですが…(^ ^;)

使うもの

  • 無料のバックアップ用ソフト(後述)
  • 外付けHDD
  • 復元の際の起動用ににCD-R、もしくはUSBメモリ

サード製のバックアップ用ソフトを使う理由

Windows7には初めからシステムイメージ作成の機能が備わっています。
しかし、これから紹介するソフトはデータを圧縮してくれるので、300GBの外付けHDDに3台分のデータを収めることができました。
たとえば父のPC(DELL OptiPlex)はHDDの容量320GBのうち100GBを使用していますが、半分の50GBに圧縮して外付けHDDにバックアップできました。
これなら他の私の2台分のデータも一緒に収まりそうです。

バックアップ用ソフトの入手

使い方は下記の紹介記事をご覧ください。
処理時間は、上記の父のPCの場合は50分でした。

CDドライブのないPCの場合

復元の際の起動用に、CDではなくUSBメモリを使おうとしたのですが、紹介記事と同じく起動できませんでした。
私は外付けDVDドライブを所持していますが、書き込みができません。困った…。
しかし、CDに焼かずにISOファイルを作成してPC内に保存することができます。
それを書き込み可能なCDドライブがある別のPCに移してCD-Rにディスクイメージを作成することで解決しました。

余談: 外付けHDD

今回使った外付けHDDは、以前に予備として購入して余っていた内蔵HDDをケースに入れたものです。
ずっと放置されていたのですが、こうして有効利用できてよかったです (*´∀`*) ホッ

追記 2016年6月3日 バックアップから復元しました。

父が仕事で使っているソフトのいくつかがWindows10では使えないことが判明したので、この記事で作成したバックアップイメージとレスキューCDを使って、Windows7だった頃の状態に復元しました。

http://sutara79.hatenablog.com/entry/2016/06/03/175649