読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

LAN内で空いているIPアドレスを確認したい

LAN

新たな機器にプライベートIPアドレスを割り当てる際に、どれが空いているのかを確認するために現在のLAN内の機器のIPアドレスの一覧を表示させます。
「NetEnum」というソフトウェアが便利です。
下記から入手してください。

※ インストールはウィザードに従うだけなので、説明は省略します。


使い方

必ず、「管理者として実行」しなければなりません。

ファイル > 検索と選択します。
表示されたダイアログの内容は変更する必要はありません。
現在のLANの範囲を自動で指定してくれていると思います。

検索結果をIPアドレス順に整列して、空いているアドレスを探します。
今回は、172.16.0.253を使うつもりです。

なお、検索結果は保存することができます。
いちいち時間をかけて検索しなくてすみます。
ファイル > 一覧の保存を選んでください。
復元する際はファイル > 一覧の読込を選びます。


念の為に本当に空いているのかを確かめたいなら、コマンドプロンプトping (IPアドレス)と入力してください。
使用中の場合は応答時間が表示され、未使用の場合は「宛先ホストに到達できません」と表示されます。

使用中の場合
> ping 192.168.1.11

192.168.1.11 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.11 からの応答: バイト数 =32 時間 =962ms TTL=64
192.168.1.11 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=64
192.168.1.11 からの応答: バイト数 =32 時間 =2ms TTL=64
192.168.1.11 からの応答: バイト数 =32 時間 =2ms TTL=64

192.168.1.11 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 1ms、最大 = 962ms、平均 = 241ms
未使用の場合
> ping 192.168.1.102

192.168.1.102 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.10 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.1.10 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.1.10 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.1.10 からの応答: 宛先ホストに到達できません。

192.168.1.102 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、