読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

VagrantのCentOS6.5にbitnami-redmineをインストールする

Redmine

前提

VagrantでCentOS6.5の仮想マシンを作っておいてください。
(詳細: LAN内でRedmineを使うために、NASに仮想のLinuxサーバを建てる)


bitnami-redmineの入手

下記からLinux用の最新版のインストーラを入手してください。

以前、Vagrant用のフォルダの中に「public」という共有フォルダを作っていました。
そのWindows側にインストーラを移します。
今回はD:\centos6\publicの中、ということになります。


bitnami-redmineのインストール

ここからは、以前インストールしたSSHクライアントのRLoginにコマンドを入力することでインストールを進めていきます。(参照)
まず、インストーラ管理者として 実行します。
(Linux起動時にRedmine自動起動させる設定のために必要です)

(Windows側との共有フォルダである「public」に移動)
$ cd ~/public

(先ほど移したインストーラが入っているはずなので、確認する)
$ ls
bitnami-redmine-3.0.4-1-linux-x64-installer.run

(インストーラを管理者として実行する)
$ sudo ./bitnami-redmine-3.0.4-1-linux-x64-installer.run

インストール時の選択肢を順を追って説明します。
まずはインストール作業で使う言語を選択します。

Language Selection

Please select the installation language
[1] English - English
[2] Spanish - Español
[3] Japanese - 日本語
[4] Korean - 한국어
[5] Simplified Chinese - 简体中文
[6] Hebrew - עברית
[7] German - Deutsch
[8] Romanian - Română
[9] Russian - Русский
Please choose an option [1] : (「3」を入力してEnterを押す)

Bitnami Redmine Stack requires at least 2000MB of memory and the installer has detected 1513MB of memory. This may prevent the application from installing, working properly or cause it to stop functioning due to lack of memory. Visit the following link to learn how to increase the swap space.

https://bitnami.com/lowmemory

Continue with installation? [Y/n]: (Enterを押す)

正直、下記のコンポーネントRedmineとどのように連携されるのか分かりませんが、一応下記のように選びました。

----------------------------------------------------------------------------
ようこそ Bitnami Redmine Stack セットアップウィザードへ。

----------------------------------------------------------------------------
インストールするコンポーネントを選択してください。準備ができたら“次へ“をクリックしてください。

Subversion [Y/n] : (「n」を入力してEnterを押す)

PhpMyAdmin [Y/n] : (Enterを押す)

Redmine : Y (Cannot be edited)

Git [Y/n] : (Enterを押す)

上記選択部分が正しいことを確認してください。 [Y/n]: (Enterを押す)

インストールするフォルダが/opt/の中であることを確認して下さい。
管理者ではなく一般ユーザでインストールしている場合は別の場所が指定されます。
その場合は管理者でインストールし直してください。

----------------------------------------------------------------------------
Installation folder

Bitnami Redmine Stack をインストールするフォルダを選択してください。

フォルダを選択 [/opt/redmine-3.0.4-1]: (Enterを押す)

管理者アカウントのメールアドレスは、どうやら実在するものでなければならないようです。
一度aaa@bbb.comと入力したところ、最終的にインストールに失敗しました。

----------------------------------------------------------------------------
管理者アカウントの作成

Bitnami Redmine Stack の管理者アカウントを作成します。

表示用氏名 [User Name]: admin(なんでも良い)

Email アドレス [user@example.com]: toumin.m7@gmail.com(実在するアドレスを入力)

ログイン名 [user]: admin(なんでも良い)

パスワード : (入力内容は表示されない)
確認のためにパスワードをもう一度入れてください : (入力内容は表示されない)

下記の選択肢は、環境によっては表示されません。

----------------------------------------------------------------------------
Web サーバのポート番号

この Apache サーバが listen するポートを入力してください。

Apache Web サーバのポート番号 [80]: (Enterを押す)

----------------------------------------------------------------------------
MySQL の情報

この MySQL データベースの情報を入力してください:

MySQL サーバのポート番号 [3306]: (Enterを押す)
----------------------------------------------------------------------------
データベースに保管する際の既定の言語

データベース設定の規定値として使用する言語を選択してください:

[1] Bulgarian
[2] Czech
[3] German
[4] English
[5] Spanish
[6] French
[7] Hebrew
[8] Italian
[9] 日本語
[10] 韓国語
[11] Dutch
[12] Polish
[13] Portuguese
[14] Portuguese/Brazilian
[15] Romanian
[16] Russian
[17] Serbian
[18] Swedish
[19] Chinese
[20] Chinese/Taiwan
オプションを選択してください [9] : (Enterを押す)

メール通知の設定は後で行います。

Do you want to configure mail support? [y/N]: (Enterを押す)
----------------------------------------------------------------------------
お使いのコンピュータに Bitnami Redmine Stack をインストールする準備が整いました。

続けますか? [Y/n]: (Enterを押す)

インストールには10分ほどかかります。

----------------------------------------------------------------------------
しばらくお待ちください。 Bitnami Redmine Stack をお使いのコンピュータにインストール中です。

 インストール中
 0% ______________ 50% ______________ 100%
 #########################################

----------------------------------------------------------------------------
セットアップウィザードによる Bitnami Redmine Stack のインストールが完了しました。

Redmine アプリケーション起動 [Y/n]: (Enterを押す)

情報: Bitnami Redmine Stack については、ブラウザで 
http://localhost:80 にアクセスしてください。
続けるには [Enter] キーを押してください : (Enterを押す)

これで完了です。
Windowsのブラウザからアクセスする際は、「localhost」ではなく仮想マシンに割り当てたIPアドレスを入力してください。
私の場合はhttp://172.16.0.253:80/redmine/です。

失敗した場合

下記のようにKilledと表示された場合は、インストールに失敗しています。

 インストール中
 0% ______________ 50% ______________ 100%
 #####Killed

インストールの過程で作成したフォルダを削除して、もう一度インストーラを実行してください。

(フォルダを削除)
$ sudo rm -drf /opt/redmine-3.0.4-1/

(もう一度実行)
$ sudo ./bitnami-redmine-3.0.4-1-linux-x64-installer.run

以上です。
メール送信などの初期設定については次の記事で説明します。