読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

Windows: Git2.5.1に更新しました

git

長らくWindows向けのGitはバージョン1.9.5のままでしたが、2015年8月31日に2.5.1が公開されたようです。
さっそく更新しました。


目次


入手

なお、次のインストールの前に古いGitをアンインストールしておいてください。
Git 1.9.5から上書きでインストールすると、gitkが起動に失敗するのでコミット履歴を見ることができませんでした。


インストール

一応、Use a TrueType font in all console windowsをチェックしておきました。

今までと同じ項目ですね。
私は今までやせ我慢してUse Git from Git Bash onlyを選んでいましたが、Use Git from the Windows Command Promptの方がなにかと便利です。

これも今までと同じ。
私はCheckout as-is, commit Unix-style line endingsにしています。
以前は3番めを選んでいましたが、JSLintやPHPLintなどで「改行コードはLFにしろ!」と警告されるので転向しました。

新しい項目ですね。
Use MinTTYをオススメします。
これのおかげでGitBashがとても使いやすくなりました。

キャッシュ機能(テスト中)だそうです。
無効のままにしておきました。

Gitに関係しているソフトを終了するように促されます。

古いバージョンのアンインストール後にインストールされるようです。


GitBashについて

ウィンドウサイズはドラッグで変更できます。
フォントやコピー&ペーストの方法を変更できます。

フォントはMyrica Mの14ptにしました。

もともと、端末内の文字列をドラッグするだけでコピーできるようになっています。
ただ、リッチテキストとしてコピーする必要はないと感じたので、そこは無効にしました。
そして、右クリックでペーストできるようします。
これでコードの貼り付けや出力の利用が楽になります。

結果、このような画面になりました。


GitGuiについて

パスに日本語が含まれていてGitGuiを起動できない場合は、git-gui.tclを修正します。
詳しくは下記をご覧ください。