読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

Googleマップをページに埋め込む手順

目次

APIキー不要のインラインフレーム<iframe>で埋め込む方式を採ります。

Googleマップで任意の場所を表示する

検索欄に目標の場所や住所を入力します。
埋め込むページで使いたい形に合わせて地図を拡大・縮小しておきます。
ただし、中心がズレないようにマウスホイールではなくボタンで操作することをお勧めします。

コードを取得する

左上のメニューボタン「」をクリックして、「地図を共有または埋め込む」を選びます。

「地図を埋め込む」のタブを選んで、埋め込みコードをコピーします。

コードを改変する

コードをそのまま使ってもいいのですが、widthとheightを100%にして、<iframe>を包む要素にCSSでサイズを指定すれば、レスポンシブ・デザインに対応しやすくなります。

変更前

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d13248.810434741163!2d130.86550626809077!3d33.88443543400115!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x3543b8ad94500c23%3A0x1307eedef77d6d68!2z5bCP5YCJ5Z-O!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1467868383013" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>
変更後

<div class="gmap">
  <iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d13248.810434741163!2d130.86550626809077!3d33.88443543400115!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x3543b8ad94500c23%3A0x1307eedef77d6d68!2z5bCP5YCJ5Z-O!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1467868383013" width="100%" height="100%" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>
</div>

<style>
.gmap {
  width: 100%;
  height: 500px;
}
</style>

バイルで閲覧しやすくする

バイル閲覧する際、画面をスクロールする指を置く場所を確保するため、最低限100pxの余裕をもたせます。
下記ではjQueryを使っています。

var setGmapSize = function (default_height) {
  $(".gmap").height(
    ($(window).height() < (default_height + 100)) ? $(window).height() - 100 : default_height
  );
};

まとめ

デモを作っています。

はじめはGoogle MapsのJavaScriptAPIの利用を検討していましたが、1日2万5千を超えるアクセスに対して課金されるため、今まで通りインラインフレームを使います。
これで別に不都合はありませんから。