読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

通所をやめようと思います

下記のツイートをそのまま掲載します。
https://twitter.com/sutara_lumpur/status/865886894210416641


就労移行支援への通所をやめようと考えている。
通所開始は2年前の2015年3月。
それ以前の一年間、2014年は薬の副作用と気づかずに長期間の微熱に悩まされていた。
副作用に気付いて薬をやめて元気になり、社会復帰に向けた次の一歩として通所を始めた。

当初は1年で卒業して、「訓練」ではなく本格的な就職をするつもりだった。
しかし9ヶ月目の2015年12月に鬱になった。
4ヶ月後の2016年4月に復帰したが、2016年12月に再び鬱に。

いったい、いつになったら就職できるのだろうと情けなくなり、憂鬱になる。
体調を安定させなければ何も始まらない、とは理解している。去年は、就職の準備ではなく体調の維持を目標として通い続けた。それにも失敗している。

通所自体が大きな負担であり、危険要因だ。
社会復帰のためには必要なこととはいえ、プログラミングの勉強が遅れることが、本当に辛い。
平日どころか休日も疲れて勉強できない。1日4時間の勤務なのに情けない。しかし、事実として体が動かない。

勉強は進まず、体調も安定せず、また安定しそうだという見通しも持てないまま、時間だけが過ぎていく。
怖い。そして苦しい。

せめて勉強だけは続けたい。
自分に合う仕事の採用条件を見ると、PHPフレームワークの習得が必要だ。
以前使っていたが、5年前のことなので忘れてしまっている。勉強し直したい。

今の自分の技能でできるプログラマの仕事はなかなか見つからない。
HTML, CSSコーダーならば可能だが、そちらはデザイナーの技能が必要になってくる。
どの道、今の自分はとても中途半端だ。

デザインよりもプログラミングを学びたい。
5年前、PHPフレームワークの成果物の公開をやめてしまったことで知識を忘れてしまった。
今度は、維持管理し続ける体制を整えたい。
その後で体調を整えることを考えたい。

逆はできない。いつ元気になるか分からないのに、それまで勉強を控えることはできない。


補足。
去年、月に一度ハローワークで求人検索していた。また、数日前にランサーズとクラウドワークスに登録して、自分にできそうな仕事を探してみた。

どちらも、JavaScriptと素のPHPだけでできる「プログラマ」の職はない。PHPフレームワークが必須だ。
「コーダー」ならばJavaScriptの知識だけでいい。その代わりIllustratorの操作、ページデザインの技能が必要だ。

デザインもプログラミングも不要の、純然たるHTML,CSSコーダーの仕事もあるにはあるが、やはり報酬が安い。
自分が全くプログラミングを知らないのならともかく、あと少しの補強を嫌ってプログラミングの技能そのものを放棄するというのはありえない。