読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

Windows: VagrantをXAMPPと同様に快適に使うために

Vagrant

ローカルでの開発環境として、XAMPPと同じ快適さでVagrantを使いたい。
その願望をかなえるために試行錯誤しました。

条件、願望


Vagrantのフォルダ全体をDropbox内に移す際の注意点

.vagrantフォルダだけはDropboxに同期させないようにします。
仮想マシンのIDなどが記録されているので、これが別のPCに同期されるとそのPCで作った仮想マシンが認識されず、仮想マシンをはじめから作り直すことになります。

タスクトレイのアイコンをクリックして基本設定のウィンドウを開きます。

アカウント > 選択型同期を選びます。

注意: すでに同期している状態から外そうとすると、.vagrant削除されてしまいます
事前に別の場所にコピーしておいてください。

同期から外れると、アイコンが変わります。


Windowsの起動時にバッチファイルを実行する方法

スタートアップフォルダにバッチファイルを放り込むだけで実現できました。

vagrant_up.bat
cd C:\Users\Yuusaku\Dropbox\vagrant\3test
vagrant up

スタートアップの場所(Windows7): C:\Users\Yuusaku\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

追記 (2014-08-10)

バッチファイルをコマンドプロンプト以外で関連付けしている場合

私の場合、バッチファイルをテキストエディタで開くように関連付けしています。
そうすると、上のようにバッチファイルをそのままスタートアップフォルダに置く方法では、テキストエディタが起動するだけでコマンドが実行されません。

そこで、バッチファイルのショートカットを作り、そのリンク先を書き換え、それをスタートアップフォルダに置くことで解決しました。

リンク先
cmd.exe /c C:\Users\Yuusaku\vagrant_up.bat

cmd.exeと入力するだけで、自動でC:\Windows\System32\cmd.exeのようなフルパスに補完されます。
/cオプション以降はコマンドとして認識されます。

なお、どうせなら/kコマンドプロンプトを終了させずにそのまま使おうとしましたが、なぜか通常のコマンドプロンプトとは別系統のアプリケーションとして認識されてしまい、タスクバーにアイコンが2つ表示されてしまって何だかカッコ悪いので断念しました。