読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたらブログ

文系Webプログラマの備忘録

Vagrant: 自分のミスで仮想マシン作成に失敗していた

Vagrant

症状

長く使っていた仮想マシンを軽い気分でいじって壊してしまいました。
仮想マシンを作りなおそうとしてvagrant destroyの後でvagrant upと入力すると、下記のようにエラーとなりました。
どうも、LAN内の別のPC(\\Y-V3360)のフォルダに仮想マシンを作ろうとしているものの、そのPCの電源はOFFになっているためアクセスできずにエラーとなっているようです。
なぜこんな設定になっているのか分からず、Vagrantを再インストールしたものの解決しません。

C:\Users\Yuusaku\Dropbox\vagrant\vm1>vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'centos65-x86_64-20140116'...
There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["import", "C:/Users/Yuusaku/.vagrant.d/boxes/centos65-x86_64-20140116/0/virtualbox/box.ovf", "--vsys", "0", "--vmname", "centos65-x86_64_1435453514785_86985", "--vsys", "0", "--unit", "6", "--disk", "\\\\Y-V3360\\VirtualBox VMs\\centos65-x86_64_1435453514785_86985\\box-disk1.vmdk", "--vsys", "0", "--unit", "7", "--disk", "\\\\Y-V3360\\VirtualBox VMs\\centos65-x86_64_1435453514785_86985\\box-disk2.vmdk"]

Stderr: 0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
Interpreting C:\Users\Yuusaku\.vagrant.d\boxes\centos65-x86_64-20140116\0\virtualbox\box.ovf...
OK.
0%...
Progress state: VBOX_E_IPRT_ERROR
VBoxManage.exe: error: Appliance import failed
VBoxManage.exe: error: Could not create the directory '\\Y-V3360\VirtualBox VMs\centos65-x86_64_1435453514785_86985' (VERR_NET_HOST_NOT_FOUND)
VBoxManage.exe: error: Details: code VBOX_E_IPRT_ERROR (0x80bb0005), component Appliance, interface IAppliance
VBoxManage.exe: error: Context: "int __cdecl handleImportAppliance(struct HandlerArg *)" at line 779 of file VBoxManageAppliance.cpp

解決

調べたところ、Command:以下の文はVagrantからVirtualBoxへ渡している命令のようです。
それならばとVirtualBoxの設定を確認すると、すぐに原因が判明しました。
デフォルトの仮想マシンフォルダーが別のPC内に指定されていました。
(※ 写真は正常な設定)

おそらく、以前Sambaを試していた時などに一時的に変更して、元に戻すのを忘れてしまったのだと思います。
バカみたいな凡ミスでした orz
まあでも、VagrantVirtualBoxを制御する実態をほんの少し理解することができてよかった…と思います。